ダイエットスープのメリット




現代人は野菜が不足しがちだと言われています。野菜には食物繊維が多く含まれていますから、整腸作用があり大腸ガンの予防や、便通をよくしてダイエットや肌トラブルの改善につながります。また、ビタミンも豊富なので、免疫力が高まり、様々な病気の予防にもなります。

さらに野菜は栄養豊富なうえ、カロリーが低いという特徴があります。ですから動物性の食材を少なくして野菜を多く摂れば体重の減少に期待ができます。

成人の摂取カロリーは約1,800?2,200kcalとされています。この値より低い数値の食事を続ければ体重は減少するはずです。

ですから野菜スープを食べれば食べるほどダイエットできるというメリットがあるのです。スープの食材に、肉や炭水化物を控え、極力油を使わないようにすればカロリーはとても低く抑えられます。

ダイエットスープに使う野菜について




ダイエットスープは体重の減量が目的ですが、日ごろの野菜不足を解消し、美容にも効果があると言われます。

ダイエットスープの材料として使われる野菜は、キャベツ、タマネギ、ピーマン、セロリ、トマト、ニンジンなどです。

・キャベツはビタミンCや食物繊維が豊富で、火を通すと活性酸素を除去する力が5倍にもなります。

・タマネギは血液をサラサラにし、代謝アップにも効果があります。動脈硬化や血栓を予防するという効果があります。

・セロリはビタミンや食物繊維の他、カリウム、カルシウムなどミネラルが豊富です。野菜スープにはミネラルが不足しがちですから、必ずセロリは入れたい食材です。

・トマトには抗酸化作用が高いリコピンやビタミンが豊富。完熟トマトほどリコピンがタップリです。

・ニンジンにも抗酸化作用のあるカロチンがたっぷり含まれています。ニンジンは体をあたためる働きもあるので、女性には特におすすめの野菜です。

・ピーマンにはビタミンAとCが豊富で、その他ビタミンB1、B2、D、Pを含み、鉄分やカルシウムなどのミネラルも含まれています。疲労回復や風邪の予防にもなります。

通常の食事にこの野菜スープをつけることで、ダイエットを成功させ、なおかつ健康と美容も手に入れることができそうですね。

市販のダイエットスープ




毎日の食事のうち1回だけでも、ダイエットスープをメインにした食事にすることで減量することも可能です。

できれば手作りの野菜たっぷりのスープを摂りたいのですが、なかなか思うように行かないという方にとって市販のダイエットスープはとても便利です。

最近はオーガニック素材を使ったり、添加物や化学調味料、香料などを含まない商品がたくさん売られています。フリーズドライのダイエットスープも出ていますから、持ち運びもでき、手軽にダイエットを続けることができます。

市販のダイエットスープを利用するのなら、栄養バランスの良いスープを選ぶようにしましょう。野菜、海藻など具だくさんであることや、炭水化物はなるべく入っていないもので、代わりに春雨や寒天などが使用してあるもの、スパイスや豆乳などが使われており、身体が温まるようなもの、などを基準に選ぶことを心がけてください。

最近では 飲みやすいフルーツ青汁 を始めるという方も増えているようではあります。

ダイエットスープでデトックス




ダイエットスープは、基本的に野菜だけで作られています。カロリーが極端に低く、痩せるためにこのスープをメインに食事をしていれば当然体重は落ちてきます。実はこのスープには、体に溜まった余分なものを浄化するデトックス効果があることが分かっています。

デトックスとは、私たちの体内に知らず知らずのうちに溜まってしまった有害物質を排出させる健康法のこと。現代人は常にストレスにさらされており、うまく新陳代謝ができずに有害物質が排出できなくなったり、加齢や食生活の乱れや、生活習慣の乱れなどでその機能が低下してしまったりすると、免疫力が低下して様々な病気を引き起こすことになります。また、便秘などから肌トラブルを招いてしまいます。

ダイエットスープに使われる野菜には、植物性繊維やビタミン、ミネラルが豊富に含まれているので、便秘の改善、新陳代謝のアップとなり、デトックス効果が期待できるのです。

野菜スープをメインにすることで、脂っこいものを減らしたり、炭水化物を減らしたりできるため、減量とともに体内の毒素を溜め込まない体質に改善できるといわれています。

ダイエットスープのデメリット




野菜スープだけを食べ続けていて本当に痩せるの?
健康的にはどうなの?

という疑問もあります。実はダイエットスープでのダイエット法にはちゃんとしたルールがあります。野菜スープだけを摂る日があっても、肉や魚を食べる日も取り入れるというルールです。

ダイエットをしていてもタンパク質や脂質は必要です。痩せたいためにスープだけを食べ続けていると、リバウンド体質になってしまう可能性もあります。それは脂肪燃焼に必要な筋肉量が落ちてしまうからです。野菜だけでは筋肉を維持できなくなり、運動しても思ったような減量につながらなくなります。

野菜スープだけでのダイエットで、無理なく効果を出すなら夕食のみ野菜スープにするとか、一週間程度の短期で行う方法が良いと言われています。

7日間の脂肪燃焼ダイエットは、心臓などの外科的手術をする方のために考えだされたダイエット法ですから、効果がありかつ、安全な方法なんですが、制約が多いため途中リタイアという方も多いのだそうです。またリバウンドしてしまう方も多く、急激な減量の後の回復食をいかにうまく取り入れてリバウンドしないようにするかが大切なポイントとなります。

7日間の脂肪燃焼ダイエットのように厳しいやり方にはトライする自信がないという方は、最初からゆる?い野菜スープダイエットでスタートしてみてはどうでしょう。

ダイエットは空腹との戦いでもあります。野菜スープならいくら食べてもOKです。時間や量の制限はありません。ただし、野菜スープでお腹を満腹にすることが基本的なルールです。その他のものは極力控えるようにします。また、間食はNGです。

ダイエットはどんな楽な方法でも少なからず苦痛が伴います。ダイエットすることがストレスとなっては健康を害したり、肌荒れを招いてしまいます。どのダイエット法が自分に合っているかを見極めることも大切です。

脂肪燃焼ダイエット




心臓などの外科手術を受ける人が、脂肪を落とす必要がある場合のために考案されたとされるのが、野菜スープダイエットです。このダイエット法は急激に脂肪を燃焼させるため、「7日間脂肪燃焼ダイエット」とも呼ばれ一般のダイエッターにも広く取り入れられています。

ただ、このダイエット方法を考えたのが医学関係者だというわけではなさそうで、医学的根拠もありません。1990年代にアメリカで流行し始めたということですが、歴史をたどれば1950年代にはすでにスープダイエットに関する情報が出回っていたといわれます。現実にはダイエットの効果は確かで、スープダイエットを1週間続けて8?の減量に成功したという人もいます。

このダイエット方法は野菜スープを中心とした決められたメニューを1週間食べます。 野菜スープですから、タンパク質不足になりそうですが、2日間だけお肉、魚を食べても良い日があります。それでもタンパク質とエネルギー不足になります。それが急激に減量できる秘密なのです。

汁物でお腹満腹にする




世の中にはダイエットについての情報が氾濫していて、何を信じていいのか分からないほどです。 テレビや雑誌などでダイエットに良いという食品や器具類が紹介されると、次の日にはその商品が店頭で売り切れ状態になるというほどです。そのくらい多くの人が情報に左右されているということです。

ダイエットをしようとする人それぞれの体質や、太った原因、脂肪のつき方など、みんな同じではありません。しかし全てのダイエッターにとって、食生活の改善は必須の解決すべき問題だと思います。

食べる量を我慢するのが一番つらいのですから、満腹に食べても太らず健康も害しないという食事をすることがベストなダイエット方法なのではないでしょうか。

以前紹介されたスープダイエットが最近また、話題になりつつあります。 野菜中心の具だくさんスープなら栄養的にも問題ありません、スープですからすぐお腹が空いてしまうという心配がありますが、お腹が空いたらまた、スープを食べても良いのです。たくさん作り置きできますし、色々な味付けで飽きることもありません。

市販のスープを利用しても良いでしょう。レトルトや粉状のものなどがあります。市販のスープに野菜を追加してもいいですね。

ダイエットスープの注意点




7日間の脂肪燃焼ダイエットを始めようとする方や、野菜スープだけを何日間か食べて急激な体重減少を求めたいという方の中には、体調不良になったり肌トラブルになってしまう場合があります。

このダイエット法は、タンパク質不足が心配されると言われています。 頭痛や、肩こり、集中力の減退、疲れ、貧血などの症状が現れる場合があります。 また、スープだけを食べていた反動で、過食になりリバウンドしてしまうこともあります。

早急に結果を求めようとすると、体はついていけず様々なサインを送ってきます。 少しでも不調を感じたら、一旦ダイエットは中止するか、適度に野菜以外の栄養を摂るようにしましょう。

ただし、急にお肉や炭水化物ばかり食べると、却って不調が増徴してしまいます。 自分の体をじっくり観察してゆっくり元に戻していきましょう。 ダイエットスープでのダイエットは「高タンパク・低カロリー」の食材も食べることが大切なポイントとなります。